むさ的観察記

ラストアイドルを追っかけるだけのブログ 別館→https://musata.hatenablog.jp/

#26 ラストアイドル 7thシングル発売決定!

 どうもこんにちは。6月9日に赤坂BLITZで行われた「6thシングル プレミアムライブ」において、ラストアイドル待望の7thシングルが発売決定しました。今回はこれについて1つずつ掘り下げて行こうと思います。

 

[発売日]8月28日(水)9月13日(水)

 今作の発売日は前作「大人サバイバー」から19週開けた8月28日とのこと。あくまで推測ですが、リリースイベントは夏休み期間中を利用して全国各地で行われるものと思われます。

追記: 製作上の都合とのことで9月13日に変更されました。 

 

[収録曲]

 今回は①表題曲 ②共通カップリング曲の2曲のほか、各ユニット曲が計7曲 合計9曲が新たに収録されることになります。1シングルで9曲、というのは勿論ラスアイ史上最多です。

 表題曲は現在「ラスアイ、よろしく」で放送中の『過酷ダンス企画』で放送されている通り「バブリーダンス」のakane先生を招聘してダンスが行われるとのこと。発売時点で在籍する49名全員歌唱、もしくはダンスの技術による選抜のどちらかだと思われます。詳細はそう遠くないうちに「ラスアイ、よろしく」にて言及はあると思われます。

 それ以外のカップリング曲に関しては突然発表はありませんし、恐らくこれまでの傾向だと、発売日ギリギリまで分からないでしょう。

 

[販売形態]

 今回は

・初回生産限定版(CD+DVD 1800円)

・LaLuce版(CD 1200円)

Good Tears版(CD 1200円)

シュークリームロケッツ版(CD 1200円)

・Someday Somewhere版(CD 1200円)

Love Cocchi版(CD 1200円)

・2期生版(CD 1200円)

・2期生アンダー版(CD 1200円)

・WEB版(CD 1000円)

の計9種類が発売されるとのこと。(価格は税込)

 特筆すべき点として、①初回生産限定版が1種類のみになったこと ②「ラスアイ版」が廃止され各ユニット毎のタイプ分けになったこと ③それに伴いCD価格が1000円から1200円に値上げしたこと が上げられます。

 

①初回限定版について

 今回の初回限定版は6月9日に行われた「プレミアムライブ」の映像が収録されるとのこと。実際にライブ中数台のカメラがステージを映していましたし、この映像が使われるものと思われます。1周年ライブの際と比べてライブの時間も短いですし、恐らくわざわざ前後編に分ける必要もないのでしょう。

②「ラスアイ版」から各ユニット版へ

 6thシングルで新設された「ラスアイ版」の設定は今回はない一方で、1期生全5ユニット・2期生・2期生アンダーのそれぞれの新曲を収録したCD計7種類を発売することになった模様です。前作では「1期生」という枠での曲収録であったため、ネット上では一部(特にLaLuce)のファンから疑問の声が上がっていましたが、それを今作では解消したこととなりますね。またもしかすると、今作では吉本坂46のような「ユニット別売り上げバトル」などが行われる可能性も現時点では十分にありますね。

③CD価格の一部値上げ

 また、6thシングルでは「ラスアイ版」が1000円だったものの、7thでは各ユニット版を200円値上げした1200円で発売することとなったようです。2曲収録から3曲収録になったことが200円分となって反映されたのでしょうか。一方で10月には消費税の引き上げが予定されていますし、8thシングル以降どう値段変わっていくのかも気になりますね。(もちろん購入する側としては安い方が助かりますが)

 

 

 今作シングルは、「ラストアイドル」のグループ自体の世間的注目度を高める上で非常に重要なシングルとなるでしょう。特に以前より世間での知名度が高い「バブリーダンス」のakane先生と手を組む以上、最低限のクオリティは必至となると思われます。その分この企画が成功してMVが話題となれば「ラストアイドル」の人気や知名度も必然的に上がるでしょうし、ある意味「勝負のシングル」と言えるでしょう。

 前作「大人サバイバー」ではグループ史上初のオリコン1位、Mステ初出演などを達成しましたが、今作でもそれを続けられるか、もしくはこれを超えてさらなる目標にたどり着けるかが楽しみですし、是非1人のファンとして応援していきたいですね。