むさ的観察記

ラストアイドルを追っかけるだけのブログ 別館→https://musata.hatenablog.jp/

#31 「ラスアイ、よろしく」7月6日放送回を見た感想

 どうもこんにちは。今回は7月6日深夜に放送された「ラストアイドル 特技認定委員会」について感想を書いていこうと思います。

 

 今回の番組は大きく分けて前後半に分かれており、前半は「体の動きが変部門」「ガチで長年練習してきた部門」としてメンバーの自撮り映像をスタジオでチェック。MCはカンニング竹山氏。この番組には3rdシングルで司会として出演した昨年9月以来、実に10か月ぶりの登場となりました。アシスタントとして西村が入り、「ひな壇」のメンバーとしては阿部・安田高橋真松本大森・畑・篠原・奥村の9名が入りました。後半は「ブリッジ歩き最速アイドル決定戦」として小澤・松本猪子中村・西村・佐佐木・岩間・奥村の8名によって「ブリッジ歩き」の1位を決めるバトルを六本木のテレビ朝日社屋の廊下にて行う企画でした。

 

 これまでバラエティとして個人が売り出される機会が少なかったこともあって、今回の企画はメンバーの新たな側面を見つけるという意味で、非常に良い企画となったことでしょう。特に後半の「ブリッジ歩き」に関しては中村奥村の能力(?)の高さはともかく、岩間・西村を筆頭とするメンバーの意外な一面を出すことができましたし、企画として大成功といっても過言ではないでしょう。

 

 しかし、どうしても気になるのはなぜこのタイミング今回「のみ」突発的にこの企画が行われたのか、ということでしょう。ご存知の通り現在「ラスアイ、よろしく」は『最高難度ダンス』企画の最中であり、次週予告を見る限り次回の放送では再び『最高難度ダンス』に戻るものと思われます。

 

 1つ考えられるのは、編集上の「谷間」として今週の枠を埋めるために急遽放送された、という可能性でしょう。今回の「特技認定委員会」放送は先週から予告されていたものではなく、放送当日の夕方にTwitterで告知されたものですし、以前から用意されていた企画、とは少し考えにくい気がします。

 複数メンバー及びAkane先生のツイートを拝見する限りだと、7月上旬に『最高難度ダンス』4日間の集中練習が行われた模様であり、そう遠くない時期にこれの模様の放送が行われる、という流れは『団体行動』と恐らく同様と考えられます。(もっとも、次回予告で流された疲弊するメンバーの映像がこの集中練習の映像かは100%の断定はできませんが。)この練習の編集が間に合わずやむを得ず、というような案外単純な理由なのかもしれません。

 

 もう1つ考えられるのは、今後の本格バラエティ化に向けた実験的企画だったということでしょう。昨年7月29日にも「3rdシングル発売直前スペシャル」としてバンジージャンプ企画が行われていますし、このような企画を一度挟むことである意味今後の企画の予行演習という意味、またバラエティに適したメンバーを改めて探るという一面はあるのかもしれません。

 昨年10月から開始された「ヨルライ」の第2部や「ニキハイ」でもバラエティとして活躍するメンバー、特に1期生では高橋真、2期生だと延命などがかなり強烈な印象を残していますし、(延命は卒業してしまいますが)将来的にゴールデンのバラエティに出演できるメンバーの原石は既にグループ内に転がっているのは確かでしょうし。このようなメンバーをいかに育てていくかが今後のグループの課題ともなりうるでしょう。

 

 いずれにせよ、今回の「ラスアイ、よろしく」はアイドルのバラエティ番組として十分成功と言える企画ですし、来週に続いても面白いのでは?とも考えられる企画でした。その一方で、『団体行動』あたりから続く「番組構成における迷走状態」は半年が経過した現在も収まる気配をみせていません。今後この『最高難度ダンス』の次に行われる企画がバトルなのか、新たなる試練なのか、バラエティなのかは全く知りうることはできませんが、(繰り返し言うようですが)公共の電波を25分間裂いて放送している以上、今後も視聴者であるファンが十分納得のいく番組を目指して欲しいところですね。

 

 最後に付足みたいな形になりますが、これまでTVerGYAOで配信されていた「ラスアイ、よろしく」の見逃し配信が新たに今回からAbema TVでも行われるようになったそうです。新規ファンの獲得のためにも、このような配信は今後も積極的にやってほしいものですね。

#30 ラストアイドル7thシングル握手会に関して

 どうもこんにちは。今回は去る7月3日に、9月13日に発売されるラストアイドル7thシングル個別握手会発売枠が発表されたのでこれについて書いていこうと思います。

 

 今回の7thシングルで6thシングルから変更された点としては

・関東で3rdシングル以来となるパシフィコ横浜での握手会開催

・グループ史上初めて愛知(Aichi Sky Expo)での握手会を開催

・個別撮影会が廃止された一方で「2Sセルフィー握手会(以下:2S握手会)」が新たに設定。

・前回6部制に変更された枠数を7部制に再変更(事実上の7部の復活)

といったところでしょう。

 特に、これまで関東と関西でしか開催されてこなかった個別握手会が愛知でも開催される、というのは中京圏のファン獲得の意味でも大きな起爆剤となるでしょう。ちなみに会場のAichi Sky Expoはあまり聞き覚えのない名前ですが今年8月にオープン予定、場所は中部国際空港の人工島内とのこと。名古屋市内からは少し遠いかもしれませんが「中部空港から徒歩5分」という立地ですし、握手会が行われない地域から飛行機で遠征される方にはこの上なく良い立地と言えるかもしれませんね。

 また、前回は2回とも幕張メッセだった関東開催が幕張とパシフィコ横浜の2会場となったことで、関東でも「横浜はいけるけど幕張は時間的に無理…」といったニーズに応えられるようになりますね。さらに今回の握手会は全会場とも日曜or祝日開催のため、土曜日開催が多かったこれまでに比べて集客力もかなり期待ができると思われます。

 個別撮影会が2Sセルフィー握手会に変更された理由は分かりませんが、この方式自体は以前よりAKBグループでも行われているのでそれに合わせたのかもしれませんね。タイトルに「握手」が付いている以上、これまでの撮影会とは異なり握手をすることもできるものだと考えても構わないでしょう。

 

 販売枠数は休養中の篠田、卒業する延命・永井・小田中を除く全48名合わせて629枠で、488枠発売されていた6thシングルより141枠増加したことになり、グループ史上最多を再び更新しました。会場が1会場増えた分がこの増加分として数字に出たと言えるでしょう。なお休業中の篠田は参加できる見込みがついた場合、途中からの発売になると思われます。

f:id:musata:20190704175212j:plain

▲今作の販売枠一覧

 今回の握手会の販売枠数は

[19枠]阿部長月・小澤間島・清原石川・西村・畑・篠原

[18枠]鈴木松本山本愛・町田・奥村・白石

[17枠]安田

[15枠]大森・水野・高橋美

[14枠]大石池松・大場・岡村・高橋み

[12枠]山田・下間・木崎

[11枠]相澤・朝日猪子・橋本

[10枠]首藤

[8枠]高橋真木村・籾山中村田中・佐佐木・山本瑠・栗田岩間・宇田川・加藤・久保田・高木・本城・宮田・米田

[販売なし]篠田(休業中)

となっています。今作の特徴としては6thシングルで売り上げが良かったメンバー、特に畑・奥村・高橋美・高橋みの4名の枠がかなり拡大されていますね。

 なお、管理人のTwitterアカウント ( @M_S_T_LI52 )では今シングルでも完売表速報を掲載する予定です。こちらも併せて是非ご覧ください。

#29 ラストアイドル「テレ東音楽祭」出演について

 どうもこんにちは。今回は、今日6月26日に出演を果たした「テレ東音楽祭」のラストアイドルのパフォーマンスの感想を書いていこうと思います。

 「思わず歌いたくなる 最新ヒットソング100連発」と銘打って行われた今年のテレ東音楽祭。もちろんこの番組には初出演ですが、ラストアイドルとしてみてもテレビ朝日以外の地上波歌番組の初パフォーマンスとなりましたね。もっとも、これまでも他局で曲が流れる機会は何度かありましたが。

 我らがラストアイドルは「秋元康プロデュースの新ユニット」と銘打たれて18時台 100曲中11曲目に出演。やはり今回も新曲「大人サバイバー」を短縮バージョンで披露しました。今回は事前収録の形を取ったため「Mステ」と同様、MC陣との絡みは一切ありませんでした。恐らくメンバー全員を映すためのステージの広さを確保するための措置だと思います。デビュー1年半なのに新ユニット・・・と思ってしまいますが、グループの一般知名度はまだ低いですし、世間には新しいユニットとして売り出す、という側面で考えれば良いのではないでしょうか。

 

 今回は休養中の篠田萌に加え石川夏海も欠席したため、50人でのパフォーマンスとなり、それに伴って一部においてポジション変更が行われました。

f:id:musata:20190626185944j:plain

 ▲今回のポジション

 今回は石川(5列目)のポジションを詰める形で行われため、下手側のポジションがかなり変わっていることが分かりますね。

 ※9.10列目は一部ポジションが判別できなかった箇所があります。間違っていればご指摘いただけるとありがたいです。

mstm.hatenablog.jp

 ▲本来のポジションは以前のブログに記しております。是非ご覧ください。

 

 これまで、ラストアイドルテレビ朝日以外の番組に出演することはほとんどありませんでしたが、今回ついにテレビ東京の歌番組に「進出」することができましたし、今後も是非テレ朝以外の歌番組、ゆくゆくは晦日紅白歌合戦出場なんかも1つの大きな目標となれるといいですね。

 

 今回のテレ東音楽祭では乃木坂やAKB、ジャニーズなどを始めとする大物アーティストも多数出演する番組ですし、グループの知名度を少しでも上げるという観点でかんがえても、大成功と言えるでしょう。今後少しでもファンを増やすためにも、このような大舞台の機会をどんどん生かしていけるといいですね。

#28 「ラスアイのヨルライ」リニューアルについて思うこと

 どうもこんにちは。今回はリニューアルが発表された「ラスアイのヨルライ」について、個人的に思うことを書いていこうと思います。

 7月9日の第34回ヨルライからいくつかの変更が行われることが発表されました。これについて1つずつ思ったことを書いていこうと思います。

 

[1.ライブ形態の変更]

 これまでも4月の「新JKスペシャル(第21回)」や「6thシングルカップリング曲スペシャル(第22回)」のような題名が例外的に付けられることも多くありましたが、今回から各公演ごとにタイトルがつけられ、それに合わせたライブを行うことになったようです。7月9日(第34回)を例に挙げてみると、「夏到来⁉LaLuce・Good Tearsの楽曲全てパフォーマンススペシャル」といった具合です。

 7月中はシューロケを除く1期生各ユニットが1回ずつ2期生・2期生アンダーが2回ずつ出演予定となっていますが、2期生・2期生アンダーに関しては全員が出演するのか一部のみ出演するのかは現時点でまだ分かりません。いずれにせよ、これまでの1期生メインのライブからは大きく転換するのは間違いないでしょう。

【追記】2期生・2期生アンダーとも週替わり6名ずつの出演と発表されました。

 ちなみに会場は第1回から長らく行われている新宿KeyStudioに戻るとのこと。5.6月に計6回行われたAKIBAカルチャーズ劇場での公演は現時点では予定されていません。これまでKey Studioでは落選祭り、カルチャーズ劇場では当選祭りという状況でしたし、実際には2つの中間ぐらいのキャパの方が良いのかもしれませんが。

 

[2.事前抽選「一般枠」の新設]

 そして今回1番の目玉として新設されるのが事前抽選における「一般枠」でしょう。これまでのヨルライでは「ラストアイドルMobile」会員のみを対象としていた事前抽選を、今回からMobile会員ではない方を「一般枠」として割り当てることが発表されました。開催日この改定の意図としてはやはりさらなる新規ファンの獲得でしょう。やはり「初めてラストアイドルのライブに行く」という方を呼び込むことは常に必要とされますし、この決断に至ったと思われます。申込日程はMobile会員と同じ2週間前の土曜15時から木曜正午で、Mobile会員が一般枠に参加することはできません。

 ただその一方で気になるのは、月々540円のラスアイMobileへの入会価値必然的に下がることでしょう。AKBや乃木坂といった他の秋元系グループより月々あたりの設定が高い中、数少ない会員特典を潰すことになりかねないのではないかという考えが浮かぶのも容易に想像できますね。そもそもキャパシティの多いカルチャーズ劇場で行うならともかく、キャパシティの少ないKey Studioでの開催である以上、Mobile会員にとってみればかなり当選確率は下がるものと見ても構わないでしょう。実際にMobile会員解約される、という方もSNS上ではちらほらいるようですが。

 今後のヨルライにおける「Mobile枠」「一般枠」「当日抽選枠」の差が現時点では未知数ですが、毎月540円払っている以上Mobile会員をある程度優遇して欲しいところですね。

 

[3.参加費の値上げ]

 そして今回から参加費も値上げされることとなりました。これまでは2000円+D代の統一料金でしたが、今回の改定から「Mobile枠」のみ2000円+D代「一般枠」「当日抽選枠」は2600円+D代となります。当日抽選の場合Mobile会員であっても2600円+D代を支払うというシステムとのことです。今年4月までのシステムだと2000円(D代込み)だったのでD代500円を含めるとこの3か月で1100円の値上げとも言えるでしょう。ただ、600円差がついたことで月に1度事前当選すればMobile会員のモトが取れる、とも捉えられますね。(現在の倍率的にこれはかなり難しいかもしれませんが)

 しかし、料金の値上げを行うというのはむしろ「新規ファン獲得」の方針に反しているもののような気もします。ショッピングモールでの無銭ライブを増やすならともかく、散々値上げして新規開拓とは少し違うような気もしますが…

 

 今回の改定、SNS上の反応を見る限りはかなり否定的な意見が多い気もします。特にMobile会員や1期生のみのファンの方からするとあまり良い改定ではないかもしれません。

 ただ、2期生アンダーの出番が増えるのであれば、これを「朗報」として受け止めても構わないでしょう。昨年10月の活動開始以来現在に至るまで2期生との仕事の差がかなり現れていましたし、格差をある程度まで減らすことができるならこれに越したことはないでしょう。また、2期生においてもメンバーごとの参加回数の格差が日に日に大きくなっていますし、(日程の都合上難しいとしても)可能な限りメンバー間の出演回数を揃えることは必要になってくるのではないでしょうか。

 

 7月以降「ニキハイ」がどうなるのか、今年も「ラスアイの夏やすみ」があるのか、といった話も気になりますが、これについても今後きになる点があればブログに書いていこうかなと思います。

#27 「ラスアイ、よろしく」の「ダンスバトル」を見て

 どうもこんにちは。今回は6月15日深夜に放送された「ラスアイ、よろしく」のダンスバトルについて思ったことを書こうと思います。

 

 今回の「過酷ダンス企画」ではメンバー52人(卒業予定の3人を含む)をレベル順にA~Cの3グループに分けられるとのことで、今回の放送で「ダンスバトル」と称したオーディションが行われました。

 その結果、ダンスの実力が[A]と評価されたのは 

阿部菜々実鈴木遥夏(LaLuce)相澤瑠香・池松愛理(Good Tears)間島和奏・山田まひろ(Someday Somewhere)田中佑奈・畑美紗起・栗田麻央(2期生)・岡村茉奈・米田みいな(2期生アンダー)

 以上の11名でした。特に今回の放送で目立ったメンバーを上げるとしたら池松岡村の2名になるでしょうか。この2人に共通する大きな特徴としては、ラストアイドルへの加入前にダンサーとして活動していた経験があることでしょう。実際にYouTubeで映像を漁ってみると、加入前の段階での技術の高さは十分に伺えるでしょう。その他にも、加入前にダンスやバレエを習っていたようなメンバーが多くAチームに入りました。

 


BsGirls・MANAの「SKY」ソロ映像 2016/9/8

▲岡村のBsGirls時代(2016年 当時19歳)の映像(YouTubeより)。この「最高難度ダンス」という視点で見てみると実力を改めて感じられますね。

 

 これに関しては「不公平ではないか」という意見も存在するようですが、「各メンバーの強みを生かす」ということ点で考えればある意味自然なことではないでしょうか。もちろん今回「Cチーム」に選ばれたメンバーの中でもルックスや歌唱力などで「Aチーム」のメンバーを超えるメンバーは多くいますが、あくまで「ダンス」を前面に出している以上はこのように差がつくのもやむなし、といった所でしょうか。

 

 前回の「団体行動」では清原監督自ら新曲のフリ入れを行うことはありませんでしたが、今作ではakane先生自ら楽曲のフリ入れを行うこともあり、このダンスの成績が新曲の「立ち位置」に関わって来るものと思われます。SNS上などでも様々な意見が飛び交っているようですが、今回の新作が「最高難度ダンス」と銘打たれている以上、センターや立ち位置でも、人気よりダンスの実力が高いメンバーを優先するべきだと思います。現時点だと池松センターかな?といったところですが、次回以降もグループ間の入れ替えはあるようなので、果たしてどのメンバーが「生き残る」ことになるのか、今後の放送にも期待したいですね。

 

 ところでこれに関しては毎回愚痴っているような気もしますが、できる限り52人全員の映像を流してほしいと感じます。今回は3人ずつのオーディション形式で行われましたが、特定メンバー1名「のみ」を流し続けるというシーンが散見されました。尺の関係上全員を流すのが困難でも、可能な限り全員が映れるよう今後は工夫してほしいところですね。

 

 

7thシングル発売まであと[ 73 ]日

#26 ラストアイドル 7thシングル発売決定!

 どうもこんにちは。6月9日に赤坂BLITZで行われた「6thシングル プレミアムライブ」において、ラストアイドル待望の7thシングルが発売決定しました。今回はこれについて1つずつ掘り下げて行こうと思います。

 

[発売日]8月28日(水)9月13日(水)

 今作の発売日は前作「大人サバイバー」から19週開けた8月28日とのこと。あくまで推測ですが、リリースイベントは夏休み期間中を利用して全国各地で行われるものと思われます。

追記: 製作上の都合とのことで9月13日に変更されました。 

 

[収録曲]

 今回は①表題曲 ②共通カップリング曲の2曲のほか、各ユニット曲が計7曲 合計9曲が新たに収録されることになります。1シングルで9曲、というのは勿論ラスアイ史上最多です。

 表題曲は現在「ラスアイ、よろしく」で放送中の『過酷ダンス企画』で放送されている通り「バブリーダンス」のakane先生を招聘してダンスが行われるとのこと。発売時点で在籍する49名全員歌唱、もしくはダンスの技術による選抜のどちらかだと思われます。詳細はそう遠くないうちに「ラスアイ、よろしく」にて言及はあると思われます。

 それ以外のカップリング曲に関しては突然発表はありませんし、恐らくこれまでの傾向だと、発売日ギリギリまで分からないでしょう。

 

[販売形態]

 今回は

・初回生産限定版(CD+DVD 1800円)

・LaLuce版(CD 1200円)

Good Tears版(CD 1200円)

シュークリームロケッツ版(CD 1200円)

・Someday Somewhere版(CD 1200円)

Love Cocchi版(CD 1200円)

・2期生版(CD 1200円)

・2期生アンダー版(CD 1200円)

・WEB版(CD 1000円)

の計9種類が発売されるとのこと。(価格は税込)

 特筆すべき点として、①初回生産限定版が1種類のみになったこと ②「ラスアイ版」が廃止され各ユニット毎のタイプ分けになったこと ③それに伴いCD価格が1000円から1200円に値上げしたこと が上げられます。

 

①初回限定版について

 今回の初回限定版は6月9日に行われた「プレミアムライブ」の映像が収録されるとのこと。実際にライブ中数台のカメラがステージを映していましたし、この映像が使われるものと思われます。1周年ライブの際と比べてライブの時間も短いですし、恐らくわざわざ前後編に分ける必要もないのでしょう。

②「ラスアイ版」から各ユニット版へ

 6thシングルで新設された「ラスアイ版」の設定は今回はない一方で、1期生全5ユニット・2期生・2期生アンダーのそれぞれの新曲を収録したCD計7種類を発売することになった模様です。前作では「1期生」という枠での曲収録であったため、ネット上では一部(特にLaLuce)のファンから疑問の声が上がっていましたが、それを今作では解消したこととなりますね。またもしかすると、今作では吉本坂46のような「ユニット別売り上げバトル」などが行われる可能性も現時点では十分にありますね。

③CD価格の一部値上げ

 また、6thシングルでは「ラスアイ版」が1000円だったものの、7thでは各ユニット版を200円値上げした1200円で発売することとなったようです。2曲収録から3曲収録になったことが200円分となって反映されたのでしょうか。一方で10月には消費税の引き上げが予定されていますし、8thシングル以降どう値段変わっていくのかも気になりますね。(もちろん購入する側としては安い方が助かりますが)

 

 

 今作シングルは、「ラストアイドル」のグループ自体の世間的注目度を高める上で非常に重要なシングルとなるでしょう。特に以前より世間での知名度が高い「バブリーダンス」のakane先生と手を組む以上、最低限のクオリティは必至となると思われます。その分この企画が成功してMVが話題となれば「ラストアイドル」の人気や知名度も必然的に上がるでしょうし、ある意味「勝負のシングル」と言えるでしょう。

 前作「大人サバイバー」ではグループ史上初のオリコン1位、Mステ初出演などを達成しましたが、今作でもそれを続けられるか、もしくはこれを超えてさらなる目標にたどり着けるかが楽しみですし、是非1人のファンとして応援していきたいですね。

 

#25 延命杏咲実 永井穂花 小田中穂の卒業で思ったこと

 どうもこんにちは。6月10日に、2期生の延命杏咲実、2期アンダーの永井穂花・小田中穂の3名が卒業することが発表されました。今回はこの3人について思うことを書かせて頂こうとおもいます。

 

[2期生 延命杏咲実

 「元天てれ戦士」という大きな肩書きを背負っていた彼女の印象に残るシーンと言えば、やはり「ニキハイ」における『延命プロ』でしょう。2期生12人の中でも良い意味で「テレビ慣れ」している彼女がいたことで、企画をより一層盛り上げてくれたのではないでしょうか。

 当分学業に専念するとのことですが、本人も今後の芸能活動には意欲を持っているようですし、是非卒業後に活動することがあったら応援していきたいですね。(実際に天てれOB&OGが大学生になってから芸能活動を再開する、なんていう例もかなり多いようですし)

 

[2期生アンダー 永井穂花]

 これまで子役として大河ドラマ篤姫」に出演するなど、延命に劣らぬこれまでの経歴を持ってラストアイドルに参戦した彼女ですが、今回芸能活動を引退して「普通の女の子として生活を送る」という道を選んだとのこと。生後4ヶ月から18歳の今に至るまで芸能活動を続けてきた彼女にとって、1つの大きな決断であったことでしょう。(実際ほとんどの人は生後4ヶ月の記憶なんてないですし、物心ついた頃から芸能界にいた と捉えても良いでしょうか)

 卒業後は「普通の女の子」である以上再びテレビに出る機会はないと思いますが、是非ともこれからの人生を応援していきたいですね。

 

[2期生アンダー 小田中穂]

 暫定メンバーの立ち位置11番として「愛しか武器がない」を踊った彼女。3rdシーズンで下間に敗れたことでアンダーとして活動することとなりましたが、今回このタイミングでの卒業となりました。

 卒業の理由や芸能界に残るか、といった話は現時点では分からないのでこれに関しては何ともいえませんが、今後どの進路を進むにしても応援していきたいですね。

 

 

 今回の卒業発表のタイミングが「ライブの翌日」であったことに対して違和感を覚えた方も一部ではいるようですが、個人的には「ライブの最後に発表して変な雰囲気で終わる」ということを防ぐ為にもこの発表方式が良かったのでは、とつくづく感じます。

 

 3名のメンバーが卒業する、ということは勿論寂しいことですが、彼女らが自ら選んだ道ですし1人のファンとしては卒業後も是非応援していきたいと思います。そしてラスアイに残る49名も、今後更なる高みへ向かって邁進して欲しいですね。

 

 ところで、今回の発表では「活動辞退」と「卒業」の2つの表現が使われていますがこれに関して棲み分けは行われているのでしょうか。(例えば48グループならデビューしていれば「卒業」、していなければ「辞退」だったと思うので今回のケースだと「卒業」で統一されていると思うのですが)